ウーマン

変形性膝関節症になりやすい人の特徴は如何に

健康は温めから

寒がる婦人

冷えが招く不調

冷えを放置することによって、健康や美容に様々な不調が現れてしまうため、早い段階から予防や改善を図る必要があります。例えば、内臓冷えによって免疫力が低下してしまいやすく、特に冷えやすい時期に風邪などをひきやすくなったり、お腹が冷えやすくなります。対策にはバリア機能の味方となるプロポリスが最適で、ミツバチが巣を守るために作り出された成分で、負けない体をサポートします。また、男女ともに増えているのが抜け毛で、頭皮の環境も血行不良や栄養が行き渡らないため、細く抜けやすくなります。青蜜柑や柚子にはビタミンEなどの血行促進や保湿成分が含まれ、冷え性にも効果的です。さらに女性はプロスタグランジンという痛みの物質によって生理痛も悪化しやすく、お腹を温めて冷え性を緩和することが生理痛を改善でき、大豆イソフラボンを含む発酵食品の摂取も痛みと冷えに効果的です。

お茶から対策

身体の芯から冷えてしまうと、血行不良によって血色も悪くなり、健康や美容のトラブルを招きやすくなります。改善策として、誰もが取り入れることができるのは健康食品です。中でも、飲み物から冷え性を改善できるのも魅力の1つで、選び方1つで様々な利点も得ることが可能です。特に、発酵させている製法である茶葉を選ぶことがポイントで、ほうじ茶・紅茶・ウーロン茶は、同じ茶葉から作られているのが特徴ですが、発酵時間によって種類が分けられています。紅茶には、殺菌やジンゲロールとショウガオールの成分を含む生姜を合わせた生姜紅茶が冷え性の改善に期待ができ、生姜も発酵が進んだ黒生姜が最適です。またヨモギ茶も近年評価されており、人の血液成分となるヘモグロビンと分子構造が類似しているため、サラサラの血液の流れによって冷えまでが改善できる特徴が挙げられています。