夫婦

変形性膝関節症になりやすい人の特徴は如何に

みつばちの力で老化防止

蜂蜜

プロポリスを取り入れたいなら余計なものが一切入っていない原液がオススメです。水などで割るだけで摂取できるのが簡単でいいですよね。ただし体に良いからといって過剰摂取するのはやめましょう。適量を毎日飲むことで美容効果と健康効果を感じられます。

もっと読む

魚を食べて脳を活性化

サプリメント

DHAは魚に含まれる不和脂肪酸で、脳を活性化させるのに良い成分といわれています。脳にエネルギーを与え、うつ病などの精神的な病を予防するのにも効果的です。魚離れが増えている現代人にとっては必要とされる成分でもあります。

もっと読む

イチオシリンク

  • はじめてのグルコサミン

    サイトでは変形性膝関節症の治療法について記載されているので興味のある人はこちらを見てみるといいでしょう。

健康は温めから

寒がる婦人

冷え性から様々なトラブルが引き起こることは意外と知られていないため、対策が遅くなり、未病を招くケースは増えています。冷えを感じたら、改善させるために取り入れたいのが植物由来となる自然食でもあり、身体への吸収の良さも挙げられています。

もっと読む

膝が抱える負担

看護師と老人

症状となりやすい人

変形性膝関節症という疾患をご存じでしょうか。変形性膝関節症とは、膝への負担が蓄積することによって、膝に痛みを伴ってしまう症状の事を指します。痛みの原因は、膝の軟骨です。膝への負担を和らげるクッションのような役割をする軟骨がすり減る事で、衝撃が直に体に響くようになり、痛みを感じてしまうのです。変形性膝関節症は、特に中高年の女性に多い症状です。痛みの他に腫れなどの症状が伴うこともあり、比較的発見しやすい症状ではありますが、出来るだけ早めに治療を行うことで、症状の悪化を防ぐことが出来ます。また、特に膝に負担をかけやすい肥満体型の人やО脚気味の人は、とくに変形性膝関節症になりやすいので注意が必要です。

治療の方法

変形性膝関節症の治療は、保存療法と手術療法の二種類があります。保存療法では、膝を中心とした運動を行ってリハビリをし、膝を強くして症状を和らげます。手術療法では、症状が深刻で歩くことも困難な人におすすめの方法です。膝を補強する手術をして、痛みを和らげます。またその他にも、自宅で出来る対策としてサプリメントの摂取も有効です。特に、グルコサミンと呼ばれるサプリメントは、すり減った軟骨を再生させ骨を丈夫にする作用を持っているため、変形性膝関節症の人にオススメです。症状が軽いときに早目に気づいて服用をすれば、病院でのリハビリや手術を行わなくても、症状を改善させることも出来ます。大切な膝を守るために、常に症状が起きていないか注意するようにしましょう。